利尻・礼文  
                    利尻山  礼文島より


☆1991年 9月    サロベツ原野 どこまでも続く直線道路。サロベツ原生花園にすでに花はなかった。 稚咲内で浜に出る。海の彼方、利尻富士が大きい。 砂浜でしばしくつろぐ。ハングル文字の書かれた漂流物が目を引いた。 海岸沿いを北へ、左手に利尻を見ながら砂丘を走る。   利尻島にて まず利尻に渡り、島を一周。沓形でウニ丼を味わう。終日利尻山を望みながら気持ちよく走った。 翌日、利尻山登頂を目指すが悪天候のため、7合目で引き返す。その足でフェリーに乗り礼文島へ渡る。   ペンションうーにー 礼文島にて 礼文島最北端のスコトン岬へ向かう。   最北端 トド島 ストコン岬 もう1日ゆっくりしたかったが、島を去ることに。   若者の見送り 礼文島の風物詩 歌に振り付けを交えた桃岩荘YHの御見送り。出船の際「いってらっしゃーい!」と送り出す。 いつの日かまた帰りたい 礼文島...   夕暮れ 野寒布岬 稚内へ向かう船からは遠くサハリンの岬を望んだ。はるかな北の島に想いを馳せる... ☆コース: ⇒ 旭川空港 ⇒ 旭川駅 +++ 豊富 → サロベツ原野 → 稚咲内 → 野寒布岬 → 稚内 → 利尻/鴛泊(泊)       → 利尻島一周 → 鴛泊(泊) → 利尻山登山(7合目で引き返す) → 鴛泊 ⇒ 香深(泊) → スコトン岬 → 香深       ⇒ 稚内 +++ 札幌 +++ 千歳空港
サイクルフィールド TOP

inserted by FC2 system