日光から奥会津へ 1984



 奥日光の戦場ヶ原から峠を越えて奥会津の里と峠を訪ねました。


☆1984年9月22〜24日 
☆単 独
☆自転車(ランドナー)
 

9/22  矢板→塩谷→日光→いろは坂→中禅寺湖→戦場ヶ原→光徳(泊)











塩谷の道祖神 
 矢板から塩谷町を経て今市へ。
  軽便鉄道跡のサイクリング道路。
 写真はその道すがらにあった道祖神。



 今市から日光へは杉並木の旧道。東照宮を右に見送り、いろは坂を越えて中禅寺湖へは
手応え十分の登り坂。湖畔より竜頭の滝を越え戦場ヶ原へ。ちょっと寄り道し湯川のほとり。
この流れの上流に湯滝、下流に竜頭の滝があることを忘れさせる穏やかな流れ。
この日は光徳温泉のロッジに泊まる。


 
       湯川の流れ


          
9/23 光徳→山王林道→川俣→馬坂林道→田代山林道→湯の花温泉(泊)

 朝一番、山王峠への厳しいダートコースの登り。登り切った峠は通称「見返り山王」と
呼ばれる絶景の地。男体山を目の前に、中禅寺湖を眼下に望む..写真が残っておらず残念。

 石の浮いた走りにくい砂利道を北へ下って川俣温泉へ着く。少し下ったところに
「熊肉」・「鹿肉」...と書かれた幟の立つ茶店が。興味津々、立ち寄ることに(^^)
熊と鹿の串焼きを注文。熊の肉は脂身が大きく豪快だ。味も脂っこく大味!鹿の肉は牛肉
に似ているが、脂分が少なくしまった赤身で歯ごたえがある。どちらもなかなかの珍味。


 
 田代山頂上の湿原


 川俣湖にかかる橋を見送り左の馬坂林道へ。路面が悪い上に坂がきつかった。なんとか
田代山林道に合流。さあこれからが正念場だと思っていたが、比較的なだらかで眺めの
いい登り坂となり難なく峠へ。前方に田代山の平らな頂。
このあとは林道のながーい下り。4時前に麓の湯の花温泉へ下りてきた。秋の田園風景がいい。


 
 湯の花温泉付近で


 さて宿さがしだ。1軒目民宿に断られ、2軒目旅館で交渉成立。NHK総合しか映らない
テレビを見て長い夜をすごす。



9/24 湯の花温泉→中山峠→会津滝ノ原→山王峠→五十里湖→矢板

 今日も晴天(^^) 舘岩村へ下って国道を東へ。たかつえスキー場横から左へ中山峠へ
向かう旧道に入る。峠には傾いた町界の標識(数年後に再訪したときにはなかった。)


 
 中山峠



 
 岩 峰 中山峠の下りより



 中山峠を下ると会津滝ノ原駅前へ。国道121号線へ出て山王峠を越え、五十里湖畔を経て
矢板へと戻った。



                       +++  メモリアル 会津滝ノ原駅  +++


  


               当時は盲腸線、つまり行き止まりだったJR会津線の終点、会津滝ノ原駅。
              1日に4本しか列車の来ない無人駅でした。今では第三セクターの野岩鉄道経由で
              東武鉄道とつながり「会津高原駅」と名を変えました。





サイクルフィールド TOPへ




inserted by FC2 system