京都北山から朽木へ


 

☆2010年7月18日 ☆走行ルート: 川西 → 一庫ダム → ひいらぎ峠 → 千代川 → R477 → 神吉 → 周山 → 久多峠 → 久多 → 生杉 → 朽木 → 安曇川駅 → 高島港 → 近江高島駅 +++ ※写真が全て表示されない場合 「表示」→「最新の情報に更新」 と操作下さい<(_ _)>   北摂東部から京都北山へ。神吉から周山へ抜ける国道477号線は一車線の山道。 北山杉の中、日陰がうれしい道。道を横切って流れる谷川の水が冷たい。 頭から浴びてクールダウン(^^)     桂川上流 鮎釣りに興ずる人が多い 周山から暑い山国盆地を横切り上黒田へ。いつもは芹生峠へ行くので、 今日のルートを走るのは初めてだ。     京都北山の民家 久多峠への分岐を右折。能見の集落を抜ける。ゆるやかな清流が集落を縫う。 とても涼しげな場所だ。     久多峠の登り  能見付近 集落を抜けてしばらく進むと。急に勾配がきつくなった。ギアをローローに落とす。 道は谷筋を離れ、尾根を回りこんでしばらく登ると、あっけなく峠へ着いた。 木の間越しに久多の集落を見下ろす。急な一車線の坂を涼みながら下る。 久多は隠れ里のような、静かなたたずまい。     久 多 せっかくここまで来たので、少し回り道になるけれど針畑川を遡り生杉へ。 針畑川は渓流釣りを楽しむ釣師が大勢、川に入っている。とても涼しげだ。 生杉は百里ヶ岳、三国峠など高島トレイルの山々の登山口。登山者向けの小さな売店で 一息入れる。この後、小入谷越を経由して朽木へ下った。     ついに来た!近江の湖(^^) 最後に暑い道を一頑張り。近江高島へ下りてきた。 江戸時代に使われたと思われる港跡の入り江が残り、その先に広々とした湖面が広がった... 今日の目的地はココ。160キロの道のり、手強い峠越えと手応え十分の走行に満足し、 JR湖西線の近江高島駅より輪行で帰宅。
サイクルフィールドへ TOPへ            山と仲間と囲炉裏村へ

inserted by FC2 system