越畑マギー亭へ サイクルツーリング 



今日は囲炉裏村サイクルオフに初参加。京都北山西部の素朴な山里、水尾・越畑を訪ねました。 ☆2004年12月11日  霧のち晴れ ☆地 図: エリアマップ「京都西山」(旧版) ☆自転車走行 ロードレーサー ☆コース:  JR茨木7:30→枚方大橋→8:50御幸橋→10:00嵐山→下六丁峠→水尾→神明峠→12:40越畑(マギー亭/そば屋)13:30  →亀岡→清坂峠15:20→15:40大岩(解散) ☆メンバー: パルプさん、薫さん、きーさん、さとゆき 【淀川河川敷】集合場所のJR茨木駅前に朝7時前に着く。すぐに薫さん、パルプさん、お見送りのHIOさんが登場。 薫さん、パルプさんの愛車はクロスバイクで、オンロード向けにスリックタイヤを履いている。自転車購入検討中という HIOさんに「こんな自転車を買ったらいいよ」、とパルプさんが色々アドバイス。 薫さんが後輪タイヤに空気を入れているとタイヤチューブのバルブが折れるハプニング。 「きょうはリタイヤや」「いや待て待て...」押し問答の末、何とかスペアチューブに交換し事無きを得た。 HIOさんのお見送りを受けて、さあ出発です。枚方大橋を渡って、淀川河川敷を遡る。    淀川河川敷 朝霧が立ち込める。まるで道東の湿原を走っているようだった。 【御幸橋から嵐山へ】 牧野付近で河川敷から一旦堤防の車道に上がり、淀川が木津川、宇治川、桂川に分かれると 御幸橋に着く。御幸橋を渡った所にトイレのある河川敷駐車場がある。落ち着けるスペースなのでしばらく休憩。 ここからは桂川沿いに嵐山−木津サイクリングロード。奈良から参加のきーさんとは嵐山までのどこかで落ち合う予定。 10時頃嵐山着の予定に対し、ペースが速すぎるのでゆっくり走る。桂川と賀茂川が分かれサイクリングロードが 桂川沿いに移ると程なく、後からきーさんが追いついて合流。 最近購入されたという愛車はクロモリ(クロム・モリブデン鋼)フレームのクロスバイク。 「アルミフレームとは踏み込みの軽さが違うよ」、メカへのこだわりを感じさせるコメント。    嵐山 化野界隈を抜ける 【保津峡】嵐山のコンビ二で行動食を仕入れ、化野念仏寺前を抜ける。行動食をどこかで食べようと思うけれど、 観光客の多い車道や湿っぽい森の道が続く。そのまま下六丁峠を越える。思ったよりきつい坂で今日一番の急登だった。 トロッコ保津峡駅のつり橋まで行って休むことに。ここは「蒲田行進曲」を始め多くの映画・ドラマのロケ地である。 折りしもトロッコ列車が通過。運転手さんの衣装はサンタクロースだった。
 
 保津峡                          保津川下りの屋形船 【水尾から神明峠へ】 さあここからが長い登り坂だ。感じのよい谷川沿いの道は車が少なくじっくり走れる。 黄色い柚子を見かけると水尾の里に着いた。ここは愛宕山登山口で柚子風呂や地鶏鍋が名物だ。村はずれには 清和天皇の御陵もある。九十九折れの坂を頑張って神明峠へ。亀岡方面へ下る林道は通行止め。 越畑へは北へさらに登り坂が続き、ようやく尾根を乗り越す。待望の下り坂、山間部に開けた棚田集落を抜け アップダウンをこなすと越畑に着いた。地元の人にマギー亭の場所を尋ねる。蕎麦屋の案内板がある方向へ 進むと途中にマギー亭はある。復旧整備に手を尽くされたマギーさんはすでにカナダへ帰国され、今では 「河原家住宅」と呼ばれているようだ。
 
   越畑マギー亭 (河原家住宅) 【越畑そば】少し下ると、一見農家のような蕎麦屋「まつばら」があった。せっかくだから名物の越畑そばを 味わっていこう。有名な店らしく結構繁盛している。囲炉裏端の特等席が空いていてくつろげる。 ビールを飲んでしばし談笑。長く苦しい登り坂の後にはふさわしい安らぎのひととき(^^) そばはこしの強い細打ち麺で、人気が出るのは当然と思える旨さだった。良い店です。 まつばら の詳しいルポ 【快走ダウンヒル】蕎麦屋からは八木方面へ快適なダウンヒル(^^) これがあるから山道のサイクリングは楽しい。 パルプさんが快調に飛ばすのに引っ張られ、亀岡市街に入った。奈良へ帰るきーさんとはここでお別れする。    清坂峠 日が西に傾く中、日溜りの峠道を下る 【清坂峠】国道423号から左折して東別院への府道に入る。緩い坂を越え、ほどんど車の通らない清坂峠を越えた。 忍頂寺から大岩へ下り解散、それぞれの家路に着いた。参加の皆さん、お疲れ様でした。
北摂サイクリングへ サイクルフィールドへ

inserted by FC2 system