三岳にヒカゲツツジ咲く


 

今回初めて北の栗柄から愛染窟を経由する道を登りました。 とてもきつい坂で、MTBを担いで登るのはかなり登り応えがありましたが、 ミツバツツジがつつましく咲き、景色も非常に良い好ルート。 ☆2010年4月30日 ※写真が全て表示されない場合 「表示」→「最新の情報に更新」 と操作下さい<(_ _)>   篠山盆地まで車で移動し、MTBで多紀の主峰、三岳を越えました。 三岳は東西南北から登路が開かれています。今回初めて北の栗柄から愛染窟を経由する道を登りました。     藁葺き民家 栗柄 愛染窟は山中の小洞窟です。中には役行者像?が祀られ、古くから地元の人達の信仰を集めてきたことが うかがえます。10年ほど前のNHKの朝ドラ「甘辛しゃん」のロケ地でもあります。     愛染窟 愛染窟からは坂はさらにきつくなりました。尾根近くまで登ると「西の覗き」と呼ばれる展望地に出ました。      くさり場が数ヶ所有りましたが、それほど傾斜がきつくなく、MTBを担いでいても安全に通過できました。     西ヶ岳     三岳 あと少しで主稜線のところで周りを見回すと白い花が...ヒカゲツツジです。 見下ろす岩尾根を良く見ると、人が容易には近づけそうに無い急な岩場一面に咲いています。 浮世の欲望を超越した世界に咲いているようで、とても神聖なものを見た気がしました。 三岳の山頂付近にはこの花はありません。愛染窟ルート限定の楽しみと言えるでしょう。           MTBにはつらい小さなアップダウンを越えて三岳山頂(793m)へ到着。 小雨が降ってきたのですぐに下山します。     三岳南尾根 北摂の大野山、大船山を遠くに望む 三岳からは南尾根を下りました。この尾根から少し谷へ下った所に5月中旬に咲く ピンク色の花の大群落があります。立寄ってみましたが、まだ蕾もなく葉の緑色以外には 何も無い世界。半月後に花で埋まるのが俄かには信じられません。 小雨は止んで平坦な尾根を南へ快走、ミツバツツジの回廊が続きます(^^)      左に火打岩への道を見送って瀬利への尾根道へ。 余り歩く人がいないのか、倒木、ガレ縁が多く道は荒れ気味。 でもMTBにはちょうどいいルート。乗車して下山しました。
☆ルート:城東→篠山→栗柄→愛染窟→三岳→南尾根→城東
サイクルフィールドへ TOPへ            山と仲間と囲炉裏村へ

inserted by FC2 system