秋の諭鶴羽山 [淡路島]


 

津名一宮ICで高速を降り、いつもの無料駐車場に停めて走り出す。 海岸沿いに洲本・由良と走り、立川の峠を越えて南淡の防波堤道路へ。 いつ来ても、海がきれいだ。沼島が近づくのを楽しみながらロードで快走(^^) 沼 島   ススキが風にそよぐ... 灘山本で海岸を離れ、諭鶴羽神社への坂道へ。急な斜面に家が点在する中を登る坂。 15%以上の急登が続く。石垣の集落、秋の花が彩りを添える。 秋の花壇   灘山本/諭鶴羽神社への坂にて 一気に高度を稼ぎ、沼島と海を見下ろす。 光 彩   紀伊水道/沼 島 かなり高い所まで登ってようやく照葉樹林帯に入る。坂は緩斜面に。 林の中をゴソゴソと動く音、野生のシカだろう。 再びきつくなった坂を一頑張り、諭鶴羽神社の前に飛び出した。 車道を直進し、上田池方面へ。海を見下ろす絶景スポットもある。 野生の菊がいちめんに...    しばらくはアップダウンが続き、道は所々でダートに変わった。 ロードバイクでも何とか走れないことはないが、路面が悪い所は降りて通過。 上田池への下りにかかると全面舗装となり、快適に下った。 鳴門海峡方面を回るのはやめて、道なりに慶野松原に出る。 秋の砂浜は人影無く、冷たい風、荒い波... 海岸線を北上。いつもは素通りする明神崎に立寄る。 明神崎 ☆2009年11月15日 ☆走行ルート: 津名一宮IC → 洲本 → 由良 → 灘山本 → 諭鶴羽山 → 上田池 → 慶野松原 → 五色 → 天神崎 → 津名一宮IC(90km)
TOPへ           山と仲間と囲炉裏村へ

inserted by FC2 system